緑肥の購入ならこの通販がおすすめ

緑肥として人気の高いヒマワリについて

緑肥は連作を防ぐために有効的な畑の活用方法であり、育てる植物によっては景観を綺麗に保つ事もできます。ただし緑肥を作成する場合は1作分の作物を作る事ができず、逆に緑肥を育てるのに手間や時間などがかかりますよね。またそれを土と混ぜる必要があるので、より強力なトラクターも必要になります。手間や時間がかかる緑肥作りですが、それでも行う理由はメリットが大きい点に限ります。特に作物が元気で美味しく育てることができれば、緑肥は最高の手段と言えますよね。そんな緑肥作物にはえん麦やソルゴーなどがありますが、人気のある作物の1つにひまわりがあります。夏の畑で大量のヒマワリが育てられている場所を見かけた事もあると思いますが、あれは景観用だけでなく緑肥として作成していることが多いです。

このヒマワリを緑肥にする場合は種の購入が必要になりますが、基本的に買い物はネット通販がとてもお得です。理由の1つにひまわりは1粒の種が大きめになるので、広い畑にまく場合は大量の種が必要になりますよね。そのためホームセンターやその他の店舗で購入する場合、必要な種が置いていない事があります。そのため別の店舗へ再び種を購入しに出かける手間がかかってしまいます。また欲しい品種の種が無ければ、別の店舗を探すか取り寄せてもらうためより手間がかかります。ですが通販サイトであれば選べる品種が豊富なだけでなく、種も大量な数をまとめて購入することができます。たくさんの種を購入すればそれだけ運ぶのも大変ですが、通販であれば自宅まで宅配してくれるので運ぶ手間も軽減できてとても便利ですよね。

では実際に通販で購入して緑肥として活用する際のひまわりですが、次に育てるのがおすすめなのがメロンになります。ひまわりの緑肥には土壌に含まれるマイコライザを増やしてくれるだけでなく、後に作成する作物にリンサン吸収を促進させる効果が期待できます。作物に対してリンサン吸収がよく聞くようになると甘みが増します。そのため特にひまわりの緑肥が出来た後に育てるのがメロンの場合、メロンの甘みが増してよい出来になる事が多いといわれていますよ。ひまわりの種は通販サイトで見ても他の緑肥の作物に比べて種は価格が高めになります。育てるのに時間や手間がかかるだけでなく、丈夫なヒマワリを土と混ぜるにはそれ相応のトラクターが必要です。ですがそれ以上にメロンなどを作った際に甘くよく育つ事で、手間をかけるだけの価値があると言えますね。

PAGE TOP