緑肥の購入ならこの通販がおすすめ

緑肥植物となるえん麦の特徴について

畑で野菜を育てる場合に、連作を行ってしまうと土の栄養がなくなり土が痩せてしまいますよね。そのため同じ畑で連続で同じ野菜を育て続けないようにしたり、肥料をまいたりと色々工夫して土を作る必要があります。ですがそんな中で効果的に土を肥やす方法となるのが緑肥になります。緑肥を行う為には緑肥用の作物を育てる必要がありますが、その作物の1つとしてえん麦があります。えん麦自体は通販で購入することができ、袋単位の少量からキロ単位の大袋と用途に合わせて購入量も選ぶことができますよ。実際に緑肥作物としてえん麦を育てる場合は、次に大根をを立てる時におすすめな植物になります。えん麦は大根を育てる前の前作として育てると、出来た土の成分が他の野菜よりも大根の成長にあった緑肥にする事ができます。

えん麦自体はとても大きく成長する植物で、葉の高さは100センチから120センチほどに育ちます。また緑肥作物としてえん麦を育てると、仕上がる土の特徴としてキスジノミハムシの害虫の抑制効果を高くすることができます。その他にはネグサレセンチュウやネコプセンチュウといった害虫にも効果が高い緑肥にする事ができます。センチュウ自体は大根の育成には大敵になるので、害虫抑制効果が高い事で大根が害虫被害に遭う事を抑えより大きく成長させることができます。えん麦を植える時期ですが、冷涼地域の場合は5月から8月上旬がおススメです。比較的放置していてもぐんぐん成長してくれるので、てをかけることなく育てることがdけいるのでとても便利です。中間地域や暖地域の場合は2回ほど種を蒔く時期があり、1回目は3月から6月頃になります。

2回目はより暖かくなってから8月下旬から11月頃にまく事も事もできます。また緑肥として使用するだけでなく、えん麦自体は障壁として利用されることも多いです。他の野菜の壁として植えて利用されますが、理由として高く葉が伸びるので壁の役目としてとても高い効果が得られる理由がありますよ。そのほかに転作作物として利用される場合もあります。同じ農作物を続けて植えると畑の土には良くないので、その間の転作用としてえん麦を利用します。えん麦は転作用として育てるだけでなく、そのまま緑肥にする事ができるので利用価値の高い植物になります。ネットで初めて購入する際は、詳しい説明などもまとめられているので参考にするとより分かりやすいですよ。また葉の背が高くなりますが、販売サイトには画像で紹介もされているので育てた際のイメージなどもしやすいですよ。

次の記事へ

PAGE TOP