緑肥の購入ならこの通販がおすすめ

賢い通販の利用と環境負荷を減らす緑肥での農業

現代はインターネット通販で何でも欲しいものを購入ができる時代ですから、農業をするにしても肥料を注文することもできます。化成肥料は手軽で便利ですがその反面で地球温暖化の一因にもなることは否めない点であり、緑肥を使うことで環境負荷の少ない農業に切り替えることが可能です。畑で栽培をした植物は成長をすれば収穫をするのが流れですが、そのまま土地と共に耕すのが緑肥であり、そのあとに種や苗を植えて育てる作物の良い肥料にすることができます。化学肥料を1トン分作るために使用される原油は760リットルであり、1トンあたりの化学肥料よりでてくるCO2排出量に至ってはなんと、2.07トンともいわれるほどです。この積み重ねは大切な地球の温暖化を加速させる要因となりますから、肥料を緑肥に変えればその問題はなくなります。農業をして地球の温暖化を加速させるのはナンセンスですが、肥料を自然のものに変えるだけでも、地球を守ることに貢献をすることが可能です。

作物を育てるために緑肥を使用することにより、空中窒素の固定や保肥力の増大などの、化学性の改善をすることにもなります。透水性の改善や、土壌団粒構造の形成などの、物理性の改善にも働きかけますし、土壌病害の抑制や土壌微生物の多様性改善など、生物性の改善の土壌環境改善にも有効です。排出CO2削減にもなる炭素貯留量の増加の効果や環境保全に、雑草抑制や飛砂防止に表土流亡にも役立つことになります。地球にとってとても優しい作物の栽培に大きく貢献をしてくれるのが緑肥であり、次いでい言えばお財布にも優しいです。優しさ満載の栽培を実践させてくれる緑肥を取り入れるためにも、それぞれの目的にマッチした緑肥を選ぶようにします。種類も豊富でたくさんの品種があるのが緑肥ですから、現在の畑の状態を見たり、栽培の方針も踏まえて、最も良い品種の緑肥を取り入れることです。

作物を栽培するために通販で種を購入したり、肥料を入手することもありますが、優しさ重視での野菜作りなら緑肥を活用することです。続けて野菜を作ることで、土壌の病気や害虫の心配は出て駅ますが、それらの被害を最小限にするためにも、緑肥を使うことは改善になります。できるだけ化成肥料を使わない方向で進めたいときにも、思い切って有機栽培にしたいという願いを持つときにも、緑肥は願いを叶える味方の一つです。栽培を都心近郊で行っているなら、周囲への飛砂は気になりますので、その対策に緑肥を活用することも可能です。自分の大切な畑にはどのような悩みがあるか、一度リストアップをしてみると、使うべき緑肥の品種選びにも役立ちます。各地の種苗店では緑肥種子を取り扱っていますので、種苗店へ行くことで購入をすることが可能です。

次の記事へ

PAGE TOP